ホットヨガロイブのコラム

2021.06.01

ヨガのポーズで基礎代謝アップ!代謝を上げて健康で美しい体に

facebook

twitter

line

こんにちは!ホットヨガスタジオ「ロイブ(loIve)」です。

痩せやすい体づくりに重要な役割を果たす、基礎代謝。

基礎代謝とは、生命機能を維持するために必要なエネルギーのことです。
基礎代謝が高いほど、体が吸収した栄養を効率的にエネルギーに変換できるようになり、痩せやすい体につながります。

ヨガはそんな基礎代謝を上げるのに効果的!
今回は、ヨガで基礎代謝をアップさせられる理由や、代謝を上げられるヨガのポーズ、代謝を上げるのに役立つ食材やレシピなどをご紹介します。

免疫力を上げ、美しくきれいな体を作るために、ぜひ参考にしてくださいね!

ヨガをする女性

ヨガのポーズが基礎代謝アップに効果的な理由

健康的で痩せやすい体を作るには、基礎代謝を上げることが大切です。

効果的に基礎代謝をアップさせることができるヨガですが、なぜヨガで代謝を上げるのがおすすめなのか、理由を見ていきましょう。

必要な筋肉が鍛えられる

基礎代謝を上げるには、筋肉を付け体の中に熱を作ることが必要です。
しかし、女性の場合は不必要な部分にまで筋肉を付けると、女性らしいシルエットが失われる可能性もあります。

そのため、基礎代謝に大きく影響するインナーマッスルを中心に鍛えるのがおすすめ。
ヨガはインナーマッスルを効果的に鍛えるポーズも多いため、基礎代謝向上やダイエット効果が期待できます。

腹式呼吸で血行を良くし脂肪を燃焼できる

ヨガは腹式呼吸をしながら行う有酸素運動です。
この呼吸法でより多くの酸素を体に取り込むことができ、脂肪を燃焼してエネルギーとして消費することができます。

また、腹式呼吸をしながら全身を動かすことで血行が良くなり、体を効率的に温めることができます。
冷えにくい体を作ることで、基礎代謝が上がる効果があるのです。

質の良い睡眠が得られる

ヨガは、睡眠の質も高める効果があります。
全身運動と深い呼吸によるリラックス効果と、激しすぎない運動の心地良い疲労感によって、寝つきが良くなったりぐっすり眠れるようになると言われています。

質の良い睡眠は自律神経のバランスを整えてくれるため、基礎代謝を上げるのに大きな役割を果たしてくれます。

基礎代謝アップに役立つヨガのポーズとは

基礎代謝アップに効果があるヨガのポーズの流れをご紹介します。

股関節周りにアプローチをかけるポーズが多いので、むくみ解消やヒップアップ効果もあります。
脂肪燃焼効果も高まり、ウエストにくびれもできますよ♪

ぜひ継続して行ってみてください!

基礎代謝アップに効果的なヨガのポーズ

両膝を上下にパタパタさせる動き

まずは、あぐらの姿勢で座ります。
骨盤が後ろに倒れやすい方は、フェイスタオルを丸めてお尻(座骨)の下に置きましょう。

骨盤が安定したら、足の裏を合わせて股関節を伸ばす「合蹠(がっせき)」の姿勢に。
吸う息で背筋を伸ばしたら、吐く息で両膝を上下にパタパタと10回程度揺らします。

息を吸って背筋を伸ばしたら、吐く息で体を前に倒します。
無理に前に倒す必要はないので、息を吐きながら背筋が伸びるところで体勢をキープ。
その状態でゆっくり5呼吸繰り返します。

吸う息で体を戻して、吐く息で解放します。

内臓を活性化させ、代謝アップに効果的なポーズ

長座になったら、左足を斜め45度くらい前へ伸ばして、右足のかかとを恥骨に引き寄せます。
両手を左足の上に置いて、吸って背筋を伸ばし、吐きながら体を前に倒します。

太ももの裏が痛く感じる方は、膝を曲げても構いません。
その時に背筋を伸ばし、お腹と太ももがくっつくように意識しましょう。

前屈によっての柔軟性が高まると、関節の可動域が広がり、運動量が増えるので、内臓が活性化し代謝が高まります。
反対も同様に行っていきます。

くびれを作る女神のポーズ

腰を落とした姿勢で、腕を横に開き手のひらを正面に向けます。
吸って背筋を伸ばし、吐いて体を右へ倒す。
右手は床へ向けて、左手は天井へ向けます。
吸って体を戻して、吐いて左へ倒す。

呼吸に合わせてこの動きを3回繰り返します。

一通りのポーズが終わったら、ゆったりとクールダウン

マットの上に仰向けになります。
足を腰幅かマット幅に開いて、足先は自然と楽にしていきます。
腕は体の横に置いて、手のひらは天井に向けていきましょう。
あごを軽く引いて、まぶたを閉じます。

ゆったり呼吸を繰り返しながら、5分程度お休みしていきましょう。

呼吸とともにゆっくり行うスクワットも効果的!

立ち上がり、足を肩幅の2倍くらいに開きます。
両手は腰か、胸の前で合掌。
吸う息で背筋を伸ばし、吐く息で腰を落とします。

ポイントは膝と足先の向きはそろえること。
太ももは床と平行になるまで落とします。
お尻の穴を床に向けるように意識していきましょう!

吸って膝を伸ばし体を戻して、吐く息で腰を落とします。
これを3呼吸ずつ繰り返します。

太ももの周りがきつくなってくるとおなかの力が抜けて、腰を反りやすくなるので、常にお尻の穴を床に向ける意識でキープしていきましょう。

ヨガのポーズだけじゃない!基礎代謝アップに効果的な食材やレシピ

緑黄色野菜

基礎代謝をあげるには、食べるものも重要です。
代謝を高めるヨガをした後は、代謝が向上しやすい食材や飲み物を取り入れていきましょう。

トマト

トマトには色素成分として「リコピン」が多く含まれます。
リコピンには血行を促して臓器や細胞を活発化させる作用があり、代謝を上げるのに役立ちます。

唐辛子

唐辛子の辛みのもと「カプサイシン」はエネルギー代謝を促進する成分。
交感神経を活性化させ体の熱を上げたり、脂肪代謝を促したりする作用があります。

にんにく

にんにくには、呼吸器系に働きかけて酸素の供給と老廃物の排泄を促す作用があります。
栄養素の運搬をスムーズにすることで代謝の活性化につながります。

生姜

生姜は体を温める作用がある「ショウガオール」や「ジンゲロール」が含まれており、冷え性に効果的です。
胃腸の血行を促し、内臓の働きを活発にする成分が含まれています。

豚肉

豚肉には糖質の代謝に関わる補酵素となる「ビタミンB1」が豊富に含まれています。
玉ねぎやにんにくなど、ビタミンB1の作用を長期間保つのに役立つ食品と合わせて摂るのがおすすめです。

手作りジンジャーエールシロップ

ジンジャエールシロップ

生姜やスパイスのたっぷり入ったジンジャーエールシロップは、基礎代謝を上げるのに効果的。
シロップを炭酸で割ってジンジャーエールにしたり、お湯で割ってホットドリンクにするのもおすすめです。

手作りジンジャーエールシロップの簡単レシピもご紹介します。

材料

生姜 100g
砂糖 100g
水 200ml
好みのスパイス 少々

この分量が基本ですが、お好きな量に調整してください。
スパイスでぜひ入れてほしいのは、唐辛子。
シナモン・黒コショウ・八角などもおすすめです。

作り方

みじん切りにした生姜に砂糖、スパイス、水を入れ、火にかけて沸騰したら弱火でコトコト20分煮詰めます。

出来上がったシロップにはちみつとレモンを漬け込んで保管すると、さらにおいしく仕上がりますよ♪

はちみつは砂糖と同量入れると1ヶ月保管できます。
砂糖の代わりにはちみつでもOK。

ぜひお試しください♪

ヨガの代謝アップに効果的なポーズで基礎代謝を向上!

痩せやすい体づくりに重要な基礎代謝。
ヨガはインナーマッスルを鍛えることができ、血行を良くして脂肪を燃焼させ、睡眠の質を上げる効果が期待できるため、基礎代謝アップに効果的なんです!

ご紹介した基礎代謝アップが期待できるヨガのポーズを継続的に行って、瘦せやすい体を作っていきましょう。

ヨガの後は、食事にも気を遣ってみましょう。
トマトや唐辛子、にんにく、生姜、豚肉など、基礎代謝を上げてくれる食材を積極的に摂取することが大切です。
手作りジンジャーエールシロップもぜひ作ってみてくださいね。

今すぐにでも体を引き締めたい!
ホットヨガのメリットを実感したい!
そんな方におすすめなのは、ホットヨガスタジオ 「ロイブ」のヨガプログラムです。

ロイブには無料の体験レッスンが用意されていて、手ぶらでレッスンを受けることができます。
ホットヨガに興味がある方は、ぜひ1度ご予約の上、体験してみてはいかがでしょうか。
体を温めてたくさん汗をかき、心も体もスッキリさせましょう!

北島 里枝キタジマ リエ

10代でヨガに出会い、心と体を健康で快適に導くヨガの教えに魅了されヨガ指導の路へ。ロイブ札幌店にて10年以上メインインストラクターを経験し、現在はロイブTOPトレーナーとして、トレーナー・スタッフ育成、RYT200指導、WS・TT開催、イベント出演など活動中。
産後30kg減量した経験から生理学や心理学に基づいたダイエットメソッドを確立し、多くの女性のダイエットアドバイザーとしても活動している。

”健康は美容のバロメーター”
内なる健やかさは外面に表出します。ヨガの教えは心身健康で幸せに生きていく方法でもあるということの体現者として、日々精進し続けてまいります。

facebook

twitter

line